上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



img002.jpg


   (画像クリックで拡大できます)

誰でも無料で参加できるイベントです。
あなたも「読者」として
生きにくさを抱える「本」の方の物語に触れてみませんか?





img003.jpg



引き続き今年度もヒューマンライブラリーの開催サポートを行います。
興味を持って下さった方、関心のある方は
下記の連絡先までご連絡ください。

駒澤大学坪井研究室
ホームページ:http://home.u00.itscom.net/tsuboi/main.htm
メールアドレス:tsuboi@komazawa-u.ac.jp

***

ヒューマンライブラリーについての本も出版しています。

ココロのバリアを溶かす―ヒューマンライブラリー事始めココロのバリアを溶かす―ヒューマンライブラリー事始め
(2012/03)
駒澤大学社会学科坪井ゼミ

商品詳細を見る


また、第一回生きている図書館開催についてのPDFも公開中です。
参考図書としてご覧ください。
共同研究「リビングライブラリーの可能性を探る」(本文)





スポンサーサイト
2037.05.23 Sat l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
皆さんこんにちは。モウです。

今回のゼミ報告をさせていただきます。

3分間スピーチでは田代が「100均」の話をしてくれました。

その話によるとダイソーの創設者が計算をしやすくするため、100円の値段を設定したといいいます。

しかし最初は質の問題であまり人気なかったが、これを改善して、いまみんなに愛用される100均になれたといいます。

さて、先週では11月のオータムフェスティバルに模擬店をだすと決めました。

今回はみんなで議論し、マシュマロンチョコを売ることに決まりました。11月4、5日に時間ある方はぜひお越しください。
2017.07.18 Tue l 32期ゼミ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。32期の田中です。
7/5の活動報告です。

今日の3分間スピーチは川窪さんで、睡眠負債について話してくれました。
睡眠負債とはわずかな睡眠不足が借金のようにじわじわ積み重なっていくことで、
命にかかわる病気のリスクを高め、日々の生活の質を下げてしまっているそうです。
6時間睡眠を2週間続けた脳と、2晩徹夜した脳はほぼ同じ状態だという実験結果もでているそうで、驚きました。
睡眠負債の1番怖いところは、自分では充分眠っていると思っているため自覚症状がなく、改善しづらいところです。
6時間寝ていても睡眠負債に繋がるということなので、7時間以上は寝れるよう努力していきたいです。
ゼミ生は私も含めほぼ7-8時間睡眠をとっていましたが。。笑

この日は学生調査の質問票を実際にいつ、どこに配りにいくのかを決めたり、集計方法の確認をしました。
また、最後の合宿である夏合宿の宿泊場所も決めました。
今回ははじめて2泊の合宿ということなので、卒論の中間発表をしっかりと行った後は、
皆と思い出を作れたらなぁと今から楽しみです!
来週は学生調査ではない細淵、戸澤、田中の現状報告をする予定です。

今回の報告は以上です。
2017.07.14 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは32期の畑です。
6月28日の活動報告をします。

・3分間スピーチ
戸澤くんが担当で、「梅雨」についてでした。
梅雨は日本特有の季節ではなく、中国・韓国・台湾にも梅雨があり、
中国・台湾では梅雨(メイユー)と呼び、6月中旬から7月上旬にかけて、
韓国では長霖(チャンマ)と言い、6月下旬から7月下旬にかけて梅雨の季節となり、
日本よりも梅雨入りが遅いらしいです。
そして、梅雨の語源にはいくつか説があります。
中国で梅の実が熟す時期が、6月になる。
そのため、梅の実が熟す時期に降る雨という意味で「梅雨」と呼んだという説や、
雨上がりに草の葉にたまる水滴、「露(つゆ)」からの連想など様々な説がありました。
言葉を知ることで嫌なイメージの強い梅雨もすこし楽しく乗り越えられそうです。

・卒業論文
今回は細淵さんが対話形式の事前調査をまとめたもの、戸澤くんがインタビュー調査の概要を発表しました。
どちらもアンケート調査とは違って決まった答えがないのでそれをどのように分析するのか、
どのように相手から話を聞き出すのかが大事になってくるのでみんなでそれぞれ意見を出しました。

そして、何度も訂正をして作り上げたアンケート調査の調査票を印刷し、ホチキスで留める作業をしました。
これからどんどん配って多くの学生に協力をお願いして調査を進めて行きたいと思います!!
卒業論文に対してそれぞれ不安もあると思いますがみんなで協力して書いているので心強いです。
乗り越えたいです!!

活動報告は以上です。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
2017.07.07 Fri l 32期ゼミ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは、32期の田代です。

6月21日の活動報告です。

・3分間スピーチ
今回の3分間スピーチは田中さんが「点字ブロック」について話してくれました。
世界各地にある点字ブロックですが、各国でそれぞれ作られたのではなく、
日本の点字ブロックが世界に広まったのだそうです。
点字ブロックの生みの親は、三宅精一という旅館業を営んでいた一般人です。
彼が研究し、開発した点字ブロックは、彼の地元である岡山県で初めて採用され、
その後日本全国、そして世界150カ国に広まったそうです。
しかし、現在使われている点字ブロックにはきちんとした決まりが無く、
危険な幅に設置し、逆に視覚障がい者にとって危ないこともあるそうです。
一人の研究によって、世界の障がいを持たれてる方の道筋を作れたことはすごいですが、
これからも更に改善が必要だということがわかりました。


・卒論研究発表
今週は、学生調査を行う生徒それぞれで作っていた調査票を1つにまとめたものの、
再確認を行いました。前回の訂正ということもあり、よりわかりやすい調査票になったと思います。
駒澤大学の学生はもちろん、他大学の学生にも協力してもらう調査票になっているので、
少しでもわかりやすく、答えやすい調査票に仕上げたいと思います。
また、そのあとは細淵さんの研究発表も行いました。
細淵さんは、調査紙調査ではなく、実際に対話をする調査法なので、事前に対話をした内容を発表してくれました。

卒業論文は文字のみで相手に伝えなければいけないため、
口頭で話すことよりもまとめや伝え方が難しいですが、ゼミ生同士意見を出し合い、
全員でいい卒論を提出できるように頑張ります!

以上で報告を終わります。
2017.06.25 Sun l 32期ゼミ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。