img002.jpg


   (画像クリックで拡大できます)

誰でも無料で参加できるイベントです。
あなたも「読者」として
生きにくさを抱える「本」の方の物語に触れてみませんか?





img003.jpg



引き続き今年度もヒューマンライブラリーの開催サポートを行います。
興味を持って下さった方、関心のある方は
下記の連絡先までご連絡ください。

駒澤大学坪井研究室
ホームページ:http://home.u00.itscom.net/tsuboi/main.htm
メールアドレス:tsuboi@komazawa-u.ac.jp

***

ヒューマンライブラリーについての本も出版しています。

ココロのバリアを溶かす―ヒューマンライブラリー事始めココロのバリアを溶かす―ヒューマンライブラリー事始め
(2012/03)
駒澤大学社会学科坪井ゼミ

商品詳細を見る


また、第一回生きている図書館開催についてのPDFも公開中です。
参考図書としてご覧ください。
共同研究「リビングライブラリーの可能性を探る」(本文)





スポンサーサイト
2037.05.23 Sat l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
みなさんこんにちは。坪井ゼミ32期生の細淵です。
10月18日の活動内容の報告をさせていただきます。

・3分間スピーチ
今回は田中さんが「富士山」についてスピーチしてくれました。
9月1日、2日で富士登山をしてきたそうです。

富士山に登れる期間は、7月1日から9月15日までで、
登頂ルートは4つのルートがあるようです。

空いていない期間でも、
国に申請して申請が通れば特別に登ることができるようですが、
田中さんは、期間中に「吉田ルート」というルートを登頂したそうです。

彼女は「酸素が薄いので、3376メートルという高さでも大変で、
高山病を緩和するために山小屋で一泊して、
向こうで「地上と同じ濃度の空気(酸素ではないのに高いそう)」を買って、
吸ったけれどもまだ苦しい。
行く前は、運動部だったし体力もあるから何とかなるとは思ったけれど、
でもやっぱり登山は大変だった」という感想を持っていました。

私は、富士山には観光バスで五合目まで行くくらいしかしていませんが、
登りきり無事に降りてくることは凄いと思います。
興味がある方は、対策をしたうえで登ってみるのも良いと思います。

・卒業論文の第2回の下書き・第1回改訂版の提出
今回は、卒業論文の第1回の改訂版の提出日でした。
卒業論文では、先行研究の内容・調査の結果という「事例」や「事実」と、
自分の論旨という「伝えたいこと」を明確に分け、
分かりやすく読み手の方に伝えるのが大切だ、という指導を受けました。

また、論文の査読者(卒業論文を読み、最後に質問や評価をしてくださる方)
が決まり、割り振られたので「より良いものを完成させるぞ」ぞいう意欲が高まりました。

最後まで、直せる部分は直し、主張する部分を明確にしていきながら、論文の執筆を行って行こうと思います。

オータムフェスティバルについて

坪井ゼミ32期生(4年)は、11月4日、5日に模擬店を出店し、
チョコスプレーやお菓子などで飾りつけされたマシュマロを売ります!

生のゼミ生に会えるチャンスは(恐らく)ラストチャンス! でもありますし、
美味しいものになるように調整中ですので、是非遊びに来てください!

マシュマロのイメージ画像です! (当日も可愛く・美味しく作ります!)

ましゅまろ



2017.10.20 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みなさんこんにちは。坪井ゼミ32期生の戸澤です。

10月4日の活動内容の報告をさせていただきます。

★3分間スピーチ
今回は畑さんが「10月4日は探し物の日」というテーマ内容でスピーチしてくれました。
そもそもなぜ探し物の日かと言うと、NTTの電話番号案内が104なので10月4日なのだそうです。
探し物に関して、イギリスの民間の保険会社によると、人は一日平均9回物を探すそうです。
それを1年で換算すると3285個も探し物をしている計算になります。
さらに、物を探す時間に関して言うと、
一日平均約10分人は物を探す時間に当てるそうで、1年で換算すると3680時間にも及びます。
また、一生のうちに153日も探し物をしている計算にもなるので、人はかなり無駄な時間を過ごしていることが分かります。
最新の研究では、物を探している際に、物の名前を言いながら探せば見つかる可能性が高まるみたいです。
その研究者によると、名前をつぶやくことによって集中力が高まり、早く見つけることができるそうです。
無駄な時間を過ごしたくないので、探し物をする際は名前を言いながら探してみようと思います。

次に活動内容の報告です。

★今回の活動
今回は卒業論文の第2回下書き提出日でした。
自分の卒論の中心となる3〜4章部分や1〜2章部をを先生に提出し、添削して頂きました。
また、先週添削してくださった卒論の下書きが返却され、
各々課題が見つかりそれを解決する作業に取り掛かろうとしている最中です。
読み手にのことを第一に考え、論理的かつ体裁を守ることの重要性に気づかされました。
これからもより一層気を引き締めて卒業論文の作成を進めていきたいと思います。

活動内容の報告は以上です。読んでいただきありがとうございました。
2017.10.06 Fri l 32期ゼミ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。32期の川窪です。

夏合宿についてもご紹介します。

9月15日から17日まで千葉の富浦セミナーハウスで坪井ゼミ最後の合宿を行いました。
1日目、2日目の午前中は卒業論文の中心となる章を各自が発表しました。
7月に実施した質問紙調査やインタビュー調査の結果を報告し、疑問点など意見を出し合いました。
様々な視点からアドバイスをもらえることで、自分では気付くことができなかった課題も多くみつかりました。
2日目、発表終了後にセミナーハウス周辺を全員で散策しました。
あいにくの雨でしたが、海まで行けてゆっくりと楽しい時間を過ごすことができました。
夜にはミニコンパをし、お酒を呑みながら様々な話しで盛り上がりました。
卒業論文の提出は12月ですが、コツコツと進め納得のいくものができるように頑張りたいと思います。

以下は合宿で撮影した写真です。

ブログ用写真


ブログ用写真2


次に、9月27日の活動内容の報告です。

★3分間スピーチ
今回は丁さんが「中国人観光客のマナー」について話してくれました。
「中国新媒体発展報告2017」の調査では80%が自分の海外でのマナーに満足しているといいます。
海外の人から見ても5年前に比べて中国人観光客のマナーが向上したとの認識が強まっているようです。
近年は出発前に自ら注意事項を尋ねる客が増えてマナーを守ろうという動きが進んでいます。
しかし丁さんは、まだ日本では中国人のマナーの悪さが目立つと思い、それはなぜか考えてみたそうです。
中国人の訪日観光客は欧州の観光客より比率が高いことと、
メディアの取り上げ方が理由ではないかと考えたといいます。
そして、日本に訪れる観光客の行動と日本の対応策を興味をもって観察したいと言っていました。
2020年の東京オリンピックに向けて多くの外国人が日本を訪れると思うので、とても関心のある問題だと思いました。

★今回の活動
今回は卒業論文の第1回下書き提出日でした。
自分の卒論の中心となる3〜4章部分を先生に提出し、体裁チェックをして頂きました。
規定通りに書けていない部分があり、訂正箇所が必要なとことろが多く見つかりました。
内容だけでなく、体裁にも気を付けて卒論を進めていきたいと思います。



活動内容の報告は以上です。
ありがとうございました。
2017.10.01 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
皆さんこんにちは。モウです。

今回のゼミ報告をさせていただきます。

3分間スピーチでは田代が「100均」の話をしてくれました。

その話によるとダイソーの創設者が計算をしやすくするため、100円の値段を設定したといいいます。

しかし最初は質の問題であまり人気なかったが、これを改善して、いまみんなに愛用される100均になれたといいます。

さて、先週では11月のオータムフェスティバルに模擬店をだすと決めました。

今回はみんなで議論し、マシュマロンチョコを売ることに決まりました。11月4、5日に時間ある方はぜひお越しください。
2017.07.18 Tue l 32期ゼミ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top