FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



img002.jpg


   (画像クリックで拡大できます)

誰でも無料で参加できるイベントです。
あなたも「読者」として
生きにくさを抱える「本」の方の物語に触れてみませんか?





img003.jpg



引き続き今年度もヒューマンライブラリーの開催サポートを行います。
興味を持って下さった方、関心のある方は
下記の連絡先までご連絡ください。

駒澤大学坪井研究室
ホームページ:http://home.u00.itscom.net/tsuboi/main.htm
メールアドレス:tsuboi@komazawa-u.ac.jp

***

ヒューマンライブラリーについての本も出版しています。

ココロのバリアを溶かす―ヒューマンライブラリー事始めココロのバリアを溶かす―ヒューマンライブラリー事始め
(2012/03)
駒澤大学社会学科坪井ゼミ

商品詳細を見る


また、第一回生きている図書館開催についてのPDFも公開中です。
参考図書としてご覧ください。
共同研究「リビングライブラリーの可能性を探る」(本文)





スポンサーサイト
2037.05.23 Sat l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
2017.12.18 Mon l 32期ゼミ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
32期(4年)の細淵です。
12月6日の活動報告を行います。

・三分間スピーチ

12月6日の三分間スピーチでは、
畑さんが年末の「大掃除」について話してくれました。

大掃除は平安時代の「煤払い」という行事がきっかけで、
行われるようになりました。

江戸時代には、「物忌」というお正月の準備と結びつき、
旧暦の12月13日に大掃除が行われるようになりました。

一方世界ではイギリス・フランス・ドイツ・アメリカともに、
大掃除は春に行われることが多いようです。
ただ、アメリカではクリスマスの前に大掃除を行うこともあるようです。

冬の大掃除は、心身ともに引き締まりますが、
春の方が作業はしやすいのかな、と思いました。


・卒業論文の提出

綿密に体裁の確認を行い、
ゼミ生全員で、卒業論文の提出を行うことができました。
最後まで、先生や仲間とと協力しながら論文を書き上げ、提出することができ、
感謝の気持ちでいっぱいです。

今週は卒論のデータを整理し、論文集として発行できるようにします。

2017.12.11 Mon l 32期ゼミ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。32期の川窪です。
11月29日の活動内容を報告します。

★3分間スピーチ
今回のスピーチは細淵さんが担当で、「ロックバンド"ヒトリエ"」について話してくれました。
細淵さんは、ヒトリエを好きにならざるを得なかったバンドだといいます。
ヒトリエは、4人組のロックバンドで2012年から活動しており、
ボーカル担当のwowakaさんは初音ミクで作詞作曲を行ってきた人でもあります。
今年の8月、wowakaさんはあるインタビュー記事で、
「VOCALOID界隈では、wowakaさんの持つ特徴をパロディすればう売れるだろうと思われていて苦しかった」と答えていたそうです。
細淵さんは、自分もその中の一人であったと反省し、ヒトリエの音楽を聴くようになったそうです。

私はヒトリエというロックバンドを知らなかったのですが、今回の話を聞いて、聴いてみようかなと思いました。

★活動内容
卒業論文の最終チェックを行いました。
提出する時に必要になるファイルに題名や名前を記入し、
卒業論文らしい体裁になりました。全員がほぼ完成し、後は各々が訂正をする部分はして、
12月6日に教務部に提出をする予定です。
最終チェック後には、今後のゼミの予定を確認しました。
ゼミ活動もいよいよ残り2回となってしまい寂しいです...。
全員揃って出席できるように、体調管理などはしっかりしていこうと思います。

今回の活動報告は以上です。
読んでいただきありがとうございました。
2017.12.05 Tue l 32期ゼミ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。32期の田中です。
11月22日の活動報告です。

今回の3分間スピーチは田代さんでした。
11/27から年末ジャンボ宝くじが発売されるということで、それについて話してくれました。
全部で9万515本の当たりがある年末ジャンボ宝くじは、1979年からスタートしたそうで、
全て一枚300円で買うことができます。
宝くじを当ててもうかろう!と思っても、一等が当たる確率は非常に低く、
かみなりに当たる確率の1000万分の1で、これは450回交通事故にあわないと当たらないくらいの確率だそうです。
一攫千金を狙うより、地道にバイトをして卒業旅行に向けてお金を貯めよう、というお話でした。
先生は宝くじを買おうとしていたみたいなので、この話を聞いて少し落胆していました。笑


この日は実質最期の卒業論文の添削作業でした。
毛くんや田代さんはほぼ完成し、他のゼミ生も本論はOKをいただき、
次回までに結語や序論、表紙などを詰めてくる予定です。
完成に近づいたからといって気を緩めず、最後まで頑張りたいと思います。

以上です。
2017.11.29 Wed l 32期ゼミ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。